横山人形の江戸衣裳着雛人形

横山人形店は、製造・卸売・小売を一貫とする節句人形専門店です。
2階人形工房では、東京都伝統工芸士 六世 眼楽亭富久月により、 着付けに高度な技術を要する「本着せ付け」の手法で、江戸衣裳着雛人形を仕上げています。

江戸時代から受けつかれた技術・技法をもとに、木胴または藁胴の胴体に顔や木手足を付け、着物生地をきちんと縫い、布地を一枚一枚丁寧に重ね合わせ着せつけています。

見えないところほど手をかけ、派手に盛り込まずにセンスで魅せるという江戸の粋が反映されてた洒落たおひなさまです。

江戸衣裳着雛人形 江戸衣裳着雛人形
人形師

六世 眼楽亭富久月

横山 一彦

昭和22年東京に生まれる。
初代(父)は、十軒店玉貞人形三代目「堀尾貞蔵」に師事した人形師「横山富久」。
昭和48年に父の元、雛人形の製作に従事。
平成14年東京都指定伝統工芸士に認定される。
着付けに高度な技術を要する「本着せ付け」の手法を体得する数少ない人形作家の一人。

眼楽亭富久月

温故知新。人形づくりの伝統と革新。

横山人形店は、台東区で60年以上にわたり街の人に愛され続けている節句人形専門店。
雛人形・鍾馗(しょうき)様の製造・卸・小売を一貫して行っています。

現在、台東区東上野六丁目で製造販売業を営んでおりますが、以前は台東区下谷三丁目に所在しておりました。

初代(父)は十軒店玉貞人形三代目「掘尾貞蔵」に師事した人形師「横山富久」であり、 現在、二代目「眼楽亭富久月」が、五十余年にわたり、江戸衣裳着人形にこだわり続け、ひな人形・鍾馗(しょうき)づくり一筋に従事し、初代の技を見事に受け継いでいます。
単に初代の志を受け継ぐだけでなく、温故知新の精神をもって、現代の生活にも受け入れられるような人形を追求ています。 「眼楽亭富久月」は、革新を連続させていくことが伝統であると考えています。

「温故知新」をモットーに、伝統も守りつつ、新しいことにもしっかりとチャレンジしていきたい。ひとつひとつに夢の広がる人形づくりをめざしています。

明るい店内には、雛人形、五月人形・鍾馗(しょうき)、羽子板・破魔弓など、豊富な節句人形が時期合わせてラインアップ。その様子は、どこかおしゃれなショールームといったムードがあります。 ぜひ一度ご来店ください。三代目揃ってお店でお待ちしております。

江戸衣裳着人形について

江戸衣装着人形とは、雛人形、武者人形、尾山人形、歌舞伎人形、市松人形、 御所人形など、衣裳を着せつけた人形を総称したものをいいます。 その特徴は、江戸時代から受けつかれた技術・技法をもとに、現代感覚を生かした美しさ、可憐さと言えるでしょう。江戸衣裳着雛人形は、 木胴や藁胴などの胴体に顔や手足を付け、 人形に纏わせる着物を、きちんと縫って着せて、一つ一つ丹念に仕上げていきます。

ひなの起源は古く、「源氏物語」にも記されています。 はじめは、都の公家などのごく限られた人々の遊び道具であったものが、 江戸時代に入り、世の中が安定し、広く庶民にも普及していきました。 江戸における人形作りが、一大飛躍を遂げたのは、 5代将軍徳川綱吉の元禄年間(1688-1704)に、 「十軒店(じゅけんだな)」で雛市を開設したことに始まるといわれています。 十軒店は、現在の中央区日本橋室町付近のことで、 大変賑わったとの記録がのこされています。

伝統工芸士とは

「東京都伝統工芸品産業振興協議会」の審査を経て東京都知事が認定します。 条件は下記の通りです。

•東京都指定伝統工芸品の製造の実務経験が15年以上あり、現在もその製造に従事していること

•高度の伝統的技術・技法を有していること

•伝統工芸品産業振興の推進に協力しており今後も協力できること

眼楽亭富久月による人形づくり

お姫様の着付け風景

ひとつひとつ丁寧に制作しています。

眼楽亭富久月による人形づくり

お殿様の着付け風景

ひとつひとつ丁寧に制作しています。